男女

困った時にはコンサルティングに相談|インドネシアで会社を設立

歯医者を運営しよう

女性

大阪で歯科開業する際にはコンサルタントを利用すると、コスト削減やいい立地の紹介をしてくれるのでおすすめです。開業するにあたって費用がかかるのですが、これは設備費用から物件の敷金礼金や運転資金などがかかります。

More...

製造業は多くが進出済

笑顔

インドネシアで会社設立をすることはそんなに難しいことではありません。特に製造業の生産拠点をインドネシアに構えるような場合には、コスト的にも日本国内より安くあげることができるメリットがあります。設立に必要な認可などを事前に準備することが大事になります。

More...

経済発展が著しい

男の人

現地のマーケットを確認

インドネシアは日本の人口の約二倍の人口を抱えている国です。経済成長が著しく日本企業も多く進出しています。今後の世界のビジネスの拠点になることも示唆されている事から多くの企業がインドネシアに会社設立を行っています。しかし、日本国外で会社設立を行う際にはいくつか注意しなければならない点があります。まず、会社設立できる業種かどうかです。インドネシアでは外資を認めている業種が限られています。そのため内資100パーセントに該当する業種の設立を行う事はできないのです。更に製造業など盛んですが日本人労働者と異なる生活スタイルやものの考え方を現地に合わせなければならない点もあります。労働者中心の考え方を行う事が最も大事になります。インドネシアでの会社設立をサポートしている専門家やコンサルティングを行なっている業者に相談をしながら、どのような経営方針で運営するのか、しっかり検討を重ねましょう。専門家やコンサルティング会社に相談をする際には、目的に合ったところを利用することが大切です。

比較的進出しやすい国

インドネシアでは親日性もあるため日本企業を出迎えてくれる姿勢があります。諸外国からの参入もありますが、その中で日本企業は特別に歓迎してくれるムードがあります。会社設立に際しては比較的容易にすることができますが、外国での会社設立には必ずリスクが付きます。そのため撤退のことも考慮しておくことがリスク管理になります。マーケットは実際にビジネスや事業を展開してみないとわからない部分もあります。外国でのビジネスの失敗によって急落することも想定されますので、どの程度の赤字を出したら撤退するのかなど、事業から身を引くラインを予め明確にしておくことが重要なポイントです。単に生産拠点として設立するのではなく現地法人として活動するのであればなおさらなのです。リスク管理の際にも、会社設立のヘルプ業者が役立ちますので、活用しましょう。

初期費用を抑えた独立

スーツの人達

大阪では歯科用の中古医療機器の買取り業者が存在します。そのため、これから歯科を開業する場合には、中古機器を活用すると初期費用を抑えられます。なお、大阪においては、人口の多い地域だと安定した患者の確保が可能となっています。

More...